設立主旨

 近年、国内の交通事故発生数は、減少傾向にあると言えます。また、国内の交通事故による死者数についても減少傾向にあり、ピーク時の3割以下となっています。これは飲酒運転等の悪質違反への厳罰化、シートベルト着用の向上、若年層の自動車離れ等の複合的な要因が考えられます。

しかし、少子高齢化社会が加速する中、高齢者の歩行中の死亡は高止まりしています。将来、高齢者数の増加に伴い、交通事故発生数は比例して増加することが見込まれます。これを防ぐ為には、高齢者交通事故の傾向を啓発する必要があると考えます。また、運転技術の未熟な若年層に対し、運転技術の向上を図る講習会等を開催する必要があると考えます。私共は、交通事故発生割合の高い高齢者及び若年層を中心とした活動をする事により交通事故の減少に取り組みます。

諸外国に目を向けて見ると、日本の事故率は高い数値となっております。しかしこれは、狭い国土に対する自動車の保有率の高さから来るものと考えられます。発展途上国において、自動車の保有率が上昇する場合、日本における昭和40年代のような交通事故発生数の増加が予想されます。これに対応すべく、諸外国での啓蒙活動も重要と考え、将来的には活動範囲を世界に広げていければと考えております。


W.F.A.の概要

名称 特定非営利活動法人 Winds Formula Association
所在地  東京都台東区根岸3-6-23-2
電話 03-5808-0277
FAX 03-5808-0278
設立 平成25年6月13日

役員編成

理事長 松井 知彦(株式会社 ティーケールーム 代表取締役)
理事  川口 正弘
理事 黒田 隆
理事 牧山 幸晴
設医学監修 坂田 英明(川越耳科学クリニック 院長)

活動目的
 この法人は、日本をはじめとする世界の自動車運転手を対象として、自動車運転の知識を広めることを主体とした講演会、啓発活動、モータースポーツイベントを通じて、地域の交通事故の減少を目的とする。

特定非営利活動

特定非営利活動の種類 この法人は、目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。
(1) 社会教育の推進を図る活動
(2) まちづくりの推進を図る活動
(3) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(4) 地域安全活動
(5) 国際協力の活動
(6) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

事業 この法人は、目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として次の事業を行う。
(1) 地域イベントにモータースポーツカーを展示して集客を図り、来場者に対する運転技
術及び交通事故に関する情報提供事業
(2) ドライバーによる運転技術に関する講演会の開催事業
(3) 国内及び諸外国に対する交通事故減少のための啓発活動事業
(4) その他目的を達成するために必要な事業

アクセス

Phone:03-5808-0277

E-mail: mac@master.email.ne.jp


©特定非営利活動法人Winds Formula Associations,All Rights Reserved